国内外から注目を集める和食のダイエット効果

和食は、ダイエットに良い食事として、日本国内のみならず、海外からも注目を集めています。

 

 

一汁三菜を基本とする和食は、必要な栄養素を不足なく補える食事で、比較的脂質が少なく、カロリーを低く抑えることができます。和食では、たんぱく源として、魚や肉の動物性たんぱく質、豆類の植物性たんぱく質をバランスよく摂取できます。肉類に偏りがちな洋食と比べて、魚類のDHAやEPAをしっかり補えたり、豆類に含まれるビタミンやポリフェノールを摂取できたりして、より痩せやすい体質になることができます。豆の加工品である豆腐は、満腹感が得やすいことから、ダイエットに向く食材として、メディアでも紹介される機会の多い食材です。

 

 

アレンジの幅が広く、手軽に味わいたい時は生のまま冷奴で食べる、主菜にしたい時はフライパンで焼いて豆腐ステーキにする、など色んな調理法で味わえる豆腐を美味しく調理して、ダイエット時の食卓に乗せる機会を増やしましょう。そして、食材はもちろんのこと、調味料にもダイエット効果があるのは、和食の大きな魅力です。

 

 

和食で頻繁に使われる味噌や醤油、塩麹といった発酵食品には、腸内環境を整える働きがあり、体内から老廃物を排出させ、すっきりとした美しい体型を目指すことができます。すぐき、ぬか漬けといった漬物類も、優れた発酵食品です。古くから日本で親しまれてきた食品を上手に活用することで、ダイエット効果を高めることができます。

 

 

また、間食においても、日本で古くから親しまれてきたおやつには、ダイエットに向く食品が数多くみられます。自然な甘みを生かした干し芋や干し柿、干し杏は、食物繊維が豊富で、腸内環境を整える働きがあります。適度な噛み応えがあり、食べ過ぎを防ぐこともでき、ダイエット時のおやつにはぴったりです。また、和菓子の餡に使われる小豆にも、食物繊維やビタミンが含まれていて、適量を守って食べることで、ダイエット効果を高めることができます。